看護師向け転職サイトの審査で落ちた話

山本チサト(26歳・看護師)

私は新人の頃、転職サイトに登録した。
看護師専門の某大手。

しかし。
結論から書くと「私レベルでは転職が難しい」と言われた。
それでも収穫は多かった。

最近色々あって、当時を思い出したので書いてみる。


まずは私について。
当時は総合病院の外科系病棟で働いていた。
看護師になってまだ半年。

なぜ転職を考えたかと言えば、単純に職場と合わなかったから。
プリや主任とウマが合わなくてとにかく辛かった。

「前にも言ったよね?どうしてできないの?〇〇さんは出来ているのに」

と、穏やかな口調ながらも、圧がすごかった。
こうしたことが続いて、軽く干された状態に。

でも同期達はうまくやっていて、どんどん先に進んでいく。
夜勤も担当も私だけが遅かった。
自分だけ取り残されいる感が怖かった。

そうした焦りもあり、転職サイトに登録した。
いくつか登録するも「新人さんでも全然よゆーです!」と軽く言われどうも信用できない。
しかも紹介されるのは介護施設や某ブラック病院だったり。

そんな中、「ちょっと難しいですね」と言った転職サイトがあった。
一番信頼できそうな気がして、担当者さん(転職アドバイザー)と直接会って話すことにした。


事務所の受付に行くと、担当のおじさんが出てきた。
40代くらいでちょっと小太り、ちょっと強面。

でも笑顔と笑い声が人懐っこくって、すぐに話しやすい雰囲気を作ってくれた。
仕事柄慣れているんだろうけど、世間話をしながら、緊張していた私に気を使ってくれたのだと思う。

で、本題に入った時。

「転職は難しいと思う」と言われた。
どこでもいいなら何とでもなるけど、今よりは確実に環境が落ちると。
もし転職しても辛い思いをさせてしまうと。

私は内心分かっていた。
実際、いくつかの病院に直接応募してみたが「経験が無さすぎる」と門前払いだった。

でも担当者さんは色々と親身にアドバイスをしてくれた。
いつ頃転職したらいいか、どんな経験があると良いか、病院から見た欲しい看護師像、地域の転職事情、隠れ優良病院、そこに入職するためのコツ。

私は嬉しかった。
貴重な情報を聞かせてもらったのもあるけど、断った人間に対しても親切にしてくれることに。
看護師になって初めて人間として扱われた気がした。

転職を相談できる友人なんていないし、他の転職サイトは都合の良いことしか言わない。
初めての転職で不安だった。

でも話を聞いて、何となく道筋が見えた。
今はまだ耐える時期なんだと思った。
あともう少し耐えれば、道が広がると分かった。

担当者さんは最後まで話を聞いてくれた。
的確なアドバイス、そして正直な意見を言ってくれた。

転職は出来ないけど、気持ちはすっきりした。
今やるべきことが見つかった。

事務所から出る時「役に立てなくてごめんね」と申し訳なさそうな顔で言われた。
「いえいえいえいえ。全然全然!むしろ本当にありがとうございました!!!」と伝えた。


「病院は心を癒すことろ」

と、どこかで聞いたことがある。

でも私には担当のおじさんの方が人間味があった。
サービスを提供しない人に対しても親切丁寧。
「紹介で来る看護師さんが多い」と言っていたが、その理由がよくわかった。
私も誰かに紹介したくなった。

どこの業界でも信頼が大事。
一流組織ほど働いている人はまとも。これは病院に限らず、一般の業界でも当てはまるのだと思った。


1年半後。
目標が見えたためか意外と頑張れた。

私は看護師3年を目前に転職した。

またあのおじさんに担当してもらえた。

おじさんは私の事を覚えてくれていた。
単純に嬉しかった。
成長した自分を見てもらえたのも嬉しかった。

おじさんは色々と動いてくれ、あれよあれよという間に転職が決まった。
例の隠れ優良病院に「根性のある子」として推薦してくれた。
後から知ったのだが、色々と根回しをしてくれたみたいだった。
本当におんぶに抱っこだった。

今は混合病棟で働いている。
職場のランクはグンと上がった。
給料、ボーナス、休み、福利厚生、シフト、人間関係。
全てが1段から2段はアップした。

仕事内容はそこまで変わっていない。
でも病院が違うだけでこんなにも待遇は違うのだと知った。

私の次の目標はおじさんのような人間になること。
人から信頼され、人を勇気づけられるような。

来年はプリの役目が回ってくる。
頑張ろうと思った。