シングルマザーの看護師が働きやすい診療科


投稿者:竹内さん 32歳(女性)

私はシングルマザーになって6年目です。

看護師の資格を取得して約10年ほどになります。
手術室、ICU、病棟、クリニック、派遣など色々な場所で働きてきました。

しかしシングルマザーとして生きていくのは、予想以上に大変なことだと思い知らされました。
絶望の中で生きていくのを諦めようとしたこともあります。

そんな私の経験が少しでもお役に立てればと思い「シングルマザーが働きやすい診療科」を書くことにしました。

同じように悩んでいる方。
ぜひ見て頂きたいです!

病棟


病棟は意外と多くのシングルマザーが働いています。
私もシングルになってから病棟で働いていました。

しかし一番の問題は夜勤です。

実際、働いているシングルマザーの大半が実家住まいでした。
実家以外だと子供が中学生になるくらいまでは、難しいです。

ただし寮がある病院は別です。
シンママ達が夜勤のときに子供を預かりあって上手に暮らしていたからです。
シンママ率の高い寮はかなりオススメできます。

また寮や実家以外でも、恋人と同棲しているという看護師も若干いました。
夜勤中は男性が面倒を見るそうです。
でも男性側のモラルに頼るところが大きく、あまりうまくいっている話は聞かないです。

病棟は夜勤がネックですが、それをクリアできれば金銭的にも、看護師としてのキャリア的にもおすすめです。


外来


外来は、シングルに人気の職場です。
夜勤がなく、しかも定時帰宅できるのは、やはりありがたいです。

実際、多くのシングルマザーの看護師が働いていました。

またパートでやりくりしているシングルマザーも何人かいました。
彼女らによれば「パートならシフトを優先してもらえる」「休みが取りやすい」「残業がまったくて必ず定時で帰れる」「担当や委員会に縛られない」など、働きやすさがさらにアップするとのこと。
時給が良い病院なら2000円くらいになるので、シングルのパートでもギリギリ生活できるようです。

「普通のパートなら時給1000円だからね。月10万円で生活してるシンママもいる。看護師は何だかんだ恵まれているよ」と言っていたのが印象的でした。

また外来は、自分で歩いてくる元気な患者さんが多い部署です。
色んな人が来るので、病院の顔ともいえるかもしれません。

これはシングルマザーにとって意外なメリットでした。
顔見知りが増えれば「こないだ、あんたの子供見かけたよー」と、言ってもらえるからです。
シングルにとっては、大変心強いですし、子供の変化にも気が付きやすくなります。

やはり一番の心配は子供ですからね。
自分の目の届かないところも見てくれているのは、大変ありがたかったです。


手術室

私の経験からですが、手術室はシングルマザーにまずまずの職場でした。

夜勤もなく、定時上がりもできました。
給料は色々と手当てが付くのでそこそこ良いです。
私が勤めていた頃は30万~32万くらい手取りで貰っていました。

しかしオンコール当番がある手術室は、シンママにとっては厳しい環境です。
泣いている子供を残して夜間に出勤するのは、身を切るような辛さがありました。
子供の面倒が見てくれる人が周りにいたとしても、夜間の急な出勤になるため、頼みずらい状況にもなります。

また手術室は未経験の場合、手順を覚えるまでがかなり大変です。
医師によってやり方が全然違うため、そのあたりの癖を覚えるのも大変かもしれません。

ただその分、看護技術はかなり向上します。
解剖生理をまさしく生で見ることができます。
綺麗な肺の色とがんになっている部位の違いや、どこまでが十二指腸かなどなど、実際にみるととても勉強になります。
清潔なものの扱いや、どんどんすすんでいく手順を、いかに先を読んでこなしていくかの訓練でもあります。
手術室での動きは、その後病棟などでも大いに役立てることができます。

手術室は「手に職を!」と考えるシングルの方にはオススメの職場です。
ただしオンコールのある手術室だけは避けたほうがいいです。


ICU

ICUは夜勤必須なのでシングルマザーには厳しいです。

ICUなら、実家または、寮のどちらかを検討したほうがいいです。

しかもICUは、看護師の離職率がかなり高く、シフトの穴埋めがとにかく大変でした。
私は何度も子供の行事を犠牲にしました・・・。

ただ看護スキルは、抜群に身に付きます。
ここで働ける看護師なら、どの診療科に行っても通用するはずです。
でもシングルにはちょっと・・・。という感じでしょうか。


救急外来

救急外来もシングルマザーには不向きです。

働いていたシングルの友達によれば、「夜勤や残業だけではなく、精神的な辛さがあった」とのことです。

というのも、救急外来は熱心な医師や看護師が多い、いわゆる意識の高い方達が集まる職場だからです。
高度なスキルと、強靭な精神力が求められます。
シングルであっても勉強不足なら罵倒されますし、周りと同じように働くことを求められます。

「仕事に集中できる独身者ならまだしも、シングル組にはとても無理・・」というのが友人の悲痛な感想でした。


透析


透析はシングルマザーに人気の診療科です。

人気の理由は沢山あるので列挙してみます。
・夜勤がない
・定時上がりしやすい
・給料そこそこ
・大病院からクリニックまで働ける場所が多い
・覚えることが少なめ

ネックとしては土日も勤務があることでしょうか。
子供の行事など、欠席しなければいけないこともしばしばです。

また最近は、社会人の患者さん向けに夜間透析をしている病院も多くなっているため、注意が必要です。
(遅番や夜勤ありとなってしまう)

また透析特有の問題として、穿刺の難しさがあります。
どうしても針を刺しにくい患者さんもいますし、失敗すると激怒する方もいます。

もちろん患者さんがイライラするのは無理もありません。
穿刺はかなりの苦痛を伴いますし、それが一生続くとあれば、怒りたくもなるものです。

だからこそ穿刺には細心の注意が必要なのですが、どうしても患者さんと看護師の相性の問題も出てきます。
そうした点を考慮して担当分けをしてくれる病院は働きやすいです。

ただそういった働きやすい透析室ほど看護師が退職しないため、求人が出ない問題もあります。
ハローワークや求人誌などでは、良い透析室はほとんど見つかりません。

知り合いからの紹介、または転職サイトに登録してエージェントさんに探してもらうのが確実だと思います。


クリニック


クリニックはシングルマザー定番の職場です。
たぶんシングルマザーが一番働いている場所だと思います。

夜勤がなく、残業も少なく、業務も比較的楽で、お給料もそこそこで、何よりも家の近所で働けます。
ご近所の知り合いもグンと増えるため、子供の見守り役になって頂き、大変ありがたい思いもしました。
実際、子供が自転車で側溝に落ちてケガをしたときは、すぐに連絡を頂け、手当や病院までの搬送までして頂き、大変お世話になったこともあります。

またクリニックは狭い環境のため人間関係が大変とは言いますが、病棟よりは雰囲気が良いところが多いかと思います。

ただしクリニックにも欠点があります。
看護師数が少ないため、急な休みが取りずらくなります。
病棟であれば誰かしら助けてくれるものですが、クリニックはギリギリの人数で回していますので。

子供が熱を出しても休めないのは、結構辛いものがあります。
できれば人員に余裕があるクリニックを選びましょう。


介護施設(有料老人ホーム・老健など)

介護施設もシングルマザーの看護師が結構います。

ブランクがある看護師の復職先としても人気があるようです。
実際、介護施設で働く看護師は、ほとんどが既婚者か、シンママです。
独身の人は少ないです。

給料は正社員なら25万円ほど貰えるため、シングルでも生活に困らないと思います。
利用者さんの容態も安定しているため、残業も少なめです。

ただし問題はオンコールと夜勤です。

オンコール対応は、基本的にあると思っておきましょう。
もちろん対応方法は施設によって様々でした。
電話対応だけだったり、夜間でも出勤があったり、出勤があっても稀だったりなど。

夜勤は基本的に介護ヘルパーさんが夜勤対応してくれます。
それでも一部の施設では看護師も夜勤に入るため、注意が必要です。
(老健や有料老人ホームなど)

またオンコールと夜勤は、結構な頻度で回ってきたりします。
というのも施設系はベテランの高齢ナースが多く、シングルマザーであっても「あなた若いから」と適任者にされやすいからです。
特に入職直後は「子供がいますので…」と断りずらいこともあり、無理をしがちです。

逆に「あなた子持ちでしょ」「オンコール当番は人がいない時だけでいいから」「子供を大事にしなさいよ」と言ってくれる看護リーダーもいたりします(かなり希少ですが)
介護施設を選ぶときは、そういったシングルにやさしい施設を選ぶのが大切です。


訪問看護

訪問看護は、シングルの看護師がそこそこ働いている印象です。
ただ個人的には、シングルに不向きだと思いました。

訪問看護は、個人経営の小さな事業所が多く、経営的にはギリギリの状態でやっている所がほとんどです。
潰れる事業所も多いです。
そのためスタッフ数もギリギリで余裕はほぼないと思っていた方がいいでしょう。

また請求業務などの事務作業も兼務するため、月末は残業が多くなりがちでした。

給料は20万前後で、病棟やクリニックに比べると見劣りするかと思います。

また看護師数が少ないため、急な休みも難しいです。
逆にパートさんや契約スタッフさんが休んだときに、突発的な出勤もしなければいけません。

また訪問看護にもオンコールがあります。
休日でもちょっとしたことで利用者さんから電話がかかってくるため、結構消耗します。

ただ移動の合間に買い物に行ったり、銀行に行ったり、役所に行ったりと、生活の雑用をこなせる良さはありました。

それでも給料面、急な呼び出し、スタッフ不足など、シングルにはあまりお勧めできないです。



美容外科クリニック

美容外科クリニックは、シングルマザー向けの職場のようです。
働いている友人によれば、夜勤が無く、定時上がりでき、さらに給料も高めだとか。
(月収27万円くらいもらっているそうです)

ただクリニックによっては、営業ノルマがあったり、長時間残業があったり、給料額がかなり安かったり、ピンキリのようです。
また若い看護師じゃないと書類で落とされます。
私は3つ落とされ諦めました・・・(泣)

転職するなら、友人や転職エージェントなどから、情報をキッチリと集めておきましょう。


まとめ


職場選びは、シングルマザーにとって、かなり重要です。
職場の良し悪しが、子供の将来を大きく左右します。
これからシングルになる人や、シングルになったけどうまくいかないという方は、シングル向きの職場を探してみましょう。

「でもどうやってシングル向きの職場を探したらいいの?」

これにはコツがあります。
シングルになる方は、何でも自分だけの力で解決しようとします。

しかしこれは間違いです。
一人で無理をしても必ず限界が来ます。
その代償は子供が背負うことになります。

シングルだからこそ誰かを頼るべきだと思います。
私は職場のスタッフだけではなく、患者さんにも助けられて生きてきました。

素直に誰かを頼ってみてください。

職場を探すなら、転職エージェントさんを頼ってみましょう。

そこそこのお給料がもらえて、定時で帰れて、夜勤が無くて、急な休みがOKなんていう夢のような病院は、個人ではまず見つけられません。

しかし転職エージェントさんなら、それに近い病院を見つけてくれます。
そういった人の手を頼ってみてください。

困っている時ほど、力になってくれるはずです。

無料で利用できますし、私も転職エージェントさんを頼って良い職場に巡り合えました。

※追記
転職エージェント選びで、良いサイトを見つけました。
シンママの方は、ぜひ一度ご覧ください。
↓↓↓
プロが教える転職サイト選び(ナース報道室)


シングルとして子供を育てていくなら、それなりの準備をしておきましょう。
皆様の幸せを願っております。
∠(`・ω・´)


世界から子供の貧困を無くしたい